カール・シュミット時事論文集 - カール・シュミット

シュミット シュミット時事論文集

Add: hakizoj44 - Date: 2020-12-18 23:51:26 - Views: 2026 - Clicks: 8529

田中浩・原田武雄訳『政治的なものの概念』(未來社、1970年) 2. カール・シュミット時事論文集―ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 シュミット,カール【著】 / 古賀 敬太 / 佐野 誠【編】 風行社 (/10発売). Der Leviathan in der Staatslehre des T. 阿部照哉・村上義弘訳『憲法論』(みすず書房、1974年) 1. 田中浩・原田武雄訳『独裁――近代主権論の起源からプロレタリア階級闘争まで』(未來社、1991年)、第3版の訳・原著1964年 1. 橋川文三訳『政治的ロマン主義』(未来社、新版1982年) 1.

カール・シュミット時事論文集 : ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 資料種別: 図書 責任表示: カール・シュミット著 ; 古賀敬太, 佐野誠編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 風行社 東京 : 開文社出版 (発売),. カール・シュミット : 1888‐1985。ドイツの公法学者、政治思想家。第一次大戦後のワイマール体制やヴェルサイユ体制への批判として強力な国家を標榜。. 1888年、ドイツ・ヴェストファーレン地方のプレッテンベルクでカトリックの家に生まれた。ベルリン大学、ミュンヘン大学、ストラスブール大学などで学び、1916年、Der Wert des Staates und die Bedeutung des Einzelnen(『国家の価値と個人の意義』)で教授資格取得。同年、兵役につき、またセルビア人女性と結婚。 ボン大学、ベルリン商科大学、ケルン大学で教授を歴任した後、ナチス政権が成立した1933年から1945年まで、ベルリン大学教授。 独自の法学思想(後述)に依拠して、第一次大戦後のワイマール政権下、議会制民主主義、自由主義を批判した。また、ナチスが政権を獲得した1933年からナチスに協力し、ナチスの法学理論を支えることになる。しかし、ナチス政権成立前に、著書『合法性と正統性』において、共産主義者と国家社会主義者を内部の敵として批判したことや、ユダヤ人のフーゴー・プロイスを称賛したことが原因で、1936年に失脚する。第二次世界大戦後に逮捕され、ニュルンベルク裁判で尋問を受けたが、不起訴となる。 その後、故郷プレッテンベルクに隠棲し、著述活動をつづけた。また1950年代からは国際法を研究した。隠棲してからも多くの人が訪れ、朋友であったエルンスト・ユンガーはもちろん、ヤーコプ・タウベスやアレクサンドル・コジェーヴらと親交した。 優柔不断な政治的ロマン主義者が最終的に権威に屈従していく過程を観つつ、思想的状況に「決断」を下す独裁者を要請した。また、『政治的なものの概念』等で展開された「友-敵理論」(政治の本質を敵と味方の峻別と規定)や例外状態理論は名高い。 1962年にはフランコ政権下のスペインで講義を持ち、その一部はのち『パルチザンの理論』として出版された。そのなかでスペイン内戦を「国際共産主義に対抗する民族解放戦争」とみなした。. ――ルネ・カピタン(一九〇一―七〇)とカール・シュミット (一八八八―一九八五) 二つの才能の交叉と乖離 ‥ はじめに――なぜこの二人か 1 同時代人としてのシュミットとカピタン 2 報告者の学習・研究歴にとってのシュミットとカピタン Ⅰ 憲法. カール・シュミット時事論文集 ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議.

シュミットの『憲法論』に対する原理的批評 m. カール・シュミット時事論文集 : ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 カール・シュミット 著,古賀敬太, 佐野誠 編. クラフト=フクス著 初宿正典訳. Amazonでカール シュミット, 敬太, 古賀, 誠, 佐野のカール・シュミット時事論文集―ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議。アマゾンならポイント還元本が多数。カール シュミット, 敬太, 古賀, 誠, 佐野作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. カール・シュミット論考 論文. Politische Romantik(1919) 1.

著者 カール・シュミット (著),古賀 敬太 (編),佐野 誠 (編),渡辺 暁彦 (ほか訳). 風行社 カール・シュミット. 清水幾太郎訳『政治の本質』(中公文庫、年)。ヴェーバー『職業としての政治』を併録、解説苅部直 1. Die geistesgeschichtliche Lage des heutigen Parlamentarismus(1922, 2. 風行社, 開文社出版 (発売).

大久保和郎訳『政治的ロマン主義』(みすず書房、1970年、新版年・野口雅弘解説)、第2版の訳・原著1925年 2. Die Diktatur des Reichsprasidenten nach Artikel 48 der Weimarer Verfassung(1929) 1. カール・シュミット著作集 フォーマット: 図書 責任表示: 長尾龍一編 言語: 日本語 出版情報: 日の出町(東京都) : 慈学社出版 東京 : 大学図書 (発売),.

Der Begriff des Polotischen(1932) 1. 「カール・シュミット時事論文集 : ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。. 第二次大戦前、戦中期 1. カール・シュミット時事論文集 - ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 - カール・シュミット - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. カール・シュミットとは何者か。政治思想家なのか法学者なのか。 ナチス・ドイツの御用学者なのか、それとも状況に反応するカメレオン的人物なのか。 『政治的なものの概念』『政治的ロマン主義』『政治神学』『憲法論』『現代議会主義に. カール・シュミット著 ; 古賀敬太, 佐野誠編.

田中浩・原田武雄訳『政治神学』(未來社、1971年)、第2版の訳・原著1934年 1. 蔭山宏『カール・シュミット』は年6月に出版されており、「あとがき」においては、新型コロナウィルスの世界的流行について「シュミットのいう例外状況の発生である」(257)という指摘がある。「緊急事態」という言葉が日常に浸透した今、シュミットの思想を理解することは重要な. カール・シュミット時事論文集 : ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議. 下記『シュミット著作集』第I巻の②及び④を元に、編集・補正を行った訳書 1. 樋口陽一訳『現代議会主義の精神史的地位』(岩波文庫、年、「議会主義と現代の大衆民主主義との対立」を併録) 2. カール・シュミットとユダヤ人 : あるドイツ法学 <叢書・ウニベルシタス 737> ¥ 2,200 ラファエル・グロス 著 ; 山本尤 訳 、法政大学出版局 、 、306, 154, 17p 、20cm 、1冊. カール・シュミット時事論文集 : ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 フォーマット: 図書 責任表示: カール・シュミット著 ; 古賀敬太, 佐野誠編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 風行社 東京 : 開文社出版 (発売),. ヴァルター・ベンヤミン、レオ・シュトラウス、ジャック・デリダ、エティエンヌ・バリバール、ハンナ・アーレント、ジョルジョ・アガンベン、アントニオ・ネグリ、パオロ・ヴィルノ、スラヴォイ・ジジェク、アラン・バディウ、シャンタル・ムフ、ヤーコプ・タウベスらに影響を与えた。 とりわけアガンベン、デリダやムフらの読解によって、主権や例外状態といった諸概念は右派だけでなく左派の政治理論にも多大な影響を与えている。.

10 形態: 302, vp ; 22cm 著者名:. 4 形態: viii, 303, xvp ; 22cm 著者名: 古賀, カール・シュミット時事論文集 - カール・シュミット 敬太(1952-) 書誌ID: BAISBN:. 第二次大戦前、戦中 1. CiNii カール・シュミットにおける民主主義論の成立過程(1) : 第二帝政末期からヴァイマル共和政中期まで 松本 彩花/北大法学論集 68(6), 63-122,. 田中浩・原田武雄訳『政治的なものの概念』(未來社、1970年) 1. カール・シュミットとヴァイマール大統領の「独裁」 百地章著. 『カール・シュミット時事論文集――ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議』 (古賀敬太・佐野誠訳、風行社、年) 『カール・シュミット著作集』(慈学社(i・ii)、年) 長尾龍一編、田中成明・樋口陽一・長尾龍一ほか訳.

シュミット,カール(Schmitt,Carl)。ドイツの公法学者、政治思想家。第一次大戦後のワイマール体制やヴェルサイユ体制への批判として強力な国家を標榜。. カール・シュミットの「独裁」 溝部英章著. See full list on wpedia. See full list on weblio. カール・シュミット時事論文集 ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 著者 古賀敬太ほか編 出版社 風行社. 稲葉素之訳『現代議会主義の精神史的地位』(みすず書房、1972年)、第2版の訳・原著1926年 2. この本は論文集、第一次世界大戦期から、第二次大戦の後までの長い期間に渡る彼の政治系の論文が集められている。長い論文は抄訳ということ。 初期の論文はまあ、難しい。後期になるにつれて教育的配慮から、分かりやすい書き方になっていく。. 有神論的憲法学ーカール・シュミットの精神史的方法 新正幸著.

カール・シュミット時事論文集 ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 - カール・シュミットのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. カール・シュミット時事論文集 : ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議 カール・シュミット著 ; 古賀敬太, 佐野誠編 風行社, 開文社出版 (発売),. Verfassungslehre(1928) 1.

Legalitat und Legitimitat(1932) 1. 田中浩・原田武雄訳『合法性と正当性』(未來社、1983年)、第2版の訳・原著1968年 1. Die Diktatur: von den Anfangen des modernen Souveranitatsgedankens bis zum proletarischen Klassenkampf(1921) 1. 下記の『シュミット著作集』第I巻の②及び④を元に、改訂補正を行った版。 1. Politische Theologie(1922) 1.

シュミット・ルネッサンス : カール・シュミットの概念的思考に即して フォーマット: 図書 責任表示: 古賀敬太著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 風行社,. Die Diktatur des Reichsprasidenten nach Artikel 48 der Weimarer Verfassung(1929). 『政治的ロマン主義』(橋川文三訳、未来社、新版1982年) 1. mixi長尾龍一 『カール・シュミット著作集』の内容 訳者の顔ぶれをみると、『危機の政治理論』(ダイヤモンド社)所収の諸論文は含まれているようですが、どの論文が収められる予定なのか、ご存知の方がいらっしゃるようでしたら、情報提供をお願いします。. カール シュミット『カール・シュミット時事論文集―ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理する. 樋口陽一訳『現代議会主義の精神史的地位』(岩波文庫、年)、「議会主義と現代の大衆民主主義との対立」を併録 2. 『カール・シュミット時事論文集――ヴァイマール・ナチズム期の憲法・政治論議』(古賀敬太・佐野誠訳、風行社、年) 『カール・シュミット著作集』(長尾龍一編、田中成明・樋口陽一・長尾龍一ほか訳、慈学社(i・ii)、年). 田中浩・原田武雄訳『大統領の独裁』(未來社、1974年) 1.

カール・シュミット時事論文集 - カール・シュミット

email: pimedi@gmail.com - phone:(547) 152-2015 x 8948

センター試験短期攻略問題集 生物 B - 吉田邦久 - 渡辺達生

-> ソフトウェア見積りのすべて - Capers Jones
-> 占い師のオシゴト - 高橋桐矢

カール・シュミット時事論文集 - カール・シュミット - 級対策問題集 立岩礼子 合格への手引き


Sitemap 1

ひととおりのパソコン用語が30分でマスターできる本 - 米村貴裕 - やさしい英語の地球科学 開田精一